あなたが主人公の人生、自分を責め続ける必要はありません

できない自分を責めるのはつらいです。

できない自分を責めずに、そのまま受け入れる人生の方が前向きに生きることができます。

しかし、周りの方に責められたり、自分の描いている現実があるから、ついつい自分を責めてしまうらしいです。

でも、責める必要はないですよね。

百点満点の自分じゃなくてもいいですよね

六十点の自分と思えたらいいですよね。

そう思える心が、他の方を認める心にも繋がります。

自分自身を責めてしまって、「完璧じゃないとあかん」と思う心は他者にも押し付けてしまいます。

「お前もちゃんと生きろよ」と。

そんな生き方はしんどいからこそ、自分を認めることを大切にしましょう。