【仏教の言葉】浄土真宗では「仏願の生起本末」を聞いて救われる

浄土真宗の法話はすべて仏願の生起本末

浄土真宗のお寺にお参りに行くと、様々な先生から様々なお話を聞かせていただけます。

先生によって教えの味わい方が様々ですので、違うお話をしているように感じるかも知れません。

しかし、すべての法話が「仏願の生起本末」という言葉に集約されます。

僕は「法話の時は仏願の生起本末をお話しなさい」って先生に教えていただきました。

その言葉を聞くたびに「はっ??仏願の生起本末ってまた難しそうな言葉やなぁ」と正直思ってました。

しかし、浄土真宗の勉強を進めていくうちに、阿弥陀さまのお救いを語ることと仏願の生起本末を語ることは同じだと気づくことができました。

仏様の救いのすべてである仏願の生起本末

仏願の生起本末を一言でまとめますと、「救われ難い私を救うために阿弥陀さまは私を救う願いを起こし果たし遂げられた。その結果、南無阿弥陀仏と響く仏様になり、私におはたらきくださっている」ということです。

そうなる理由は以下をご覧ください。

仏願の生起

阿弥陀さまが願いを起こした理由

救われ難い私がいるから

仏願の本末

阿弥陀さまの願いの本(因)と末(果)

阿弥陀さまは修行時代にあらゆる命を救いとる願いを起こされた。その結果、南無阿弥陀仏と響く仏様になり、私におはたらきくださっている

この説明から、阿弥陀さまが願いを起こされた理由と、阿弥陀さまが現に私におはたらきくださっていることが「仏願の生起本末」という言葉に集約されていることがわかります。

故に仏願の生起本末を聞くことと阿弥陀さまのお救いを聞くことは同じだと言えるでしょう。

また親鸞聖人は次のようにお示しになられました。

聞と信心のお示し

しかるに『経』に「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。

「きく」というは、信心をあらわすみのりなり。

仏願の生起本末を疑いなく聞いていることを信心と言います。

浄土真宗の法話を聞かせていただく時にも、阿弥陀さまのお救いをそのままお聞かせいただけるよろこびを噛みしめたいものです。

親鸞聖人のお示し

親鸞聖人は信心について説かれた箇所で「仏願の生起」「仏願の本末」についてわかりやすく示されているので引用してみます。

至心釈

仏願の生起

一切の群生海、無始よりこのかた乃至今日今時に至るまで、穢悪汚染にして清浄の心なし、虚仮諂偽にして真実の心なし。
仏願の本末
ここをもつて如来、一切苦悩の衆生海を悲憫して、不可思議兆載永劫において、菩薩の行を行じたまひし時、三業の所修、一念一刹那も清浄ならざることなし、真心ならざることなし。如来、清浄の真心をもつて、円融無礙不可思議不可称不可説の至徳を成就したまへり。如来の至心をもつて、諸有の一切煩悩悪業邪智の群生海に回施したまへり。
信楽釈

仏願の生起

一切の群生海、無始よりこのかた乃至今日今時に至るまで、穢悪汚染にして清浄の心なし、虚仮諂偽にして真実の心なし。

仏願の本末

ここをもつて如来、一切苦悩の衆生海を悲憫して、不可思議兆載永劫において、菩薩の行を行じたまひし時、三業の所修、一念一刹那も清浄ならざることなし、真心ならざることなし。如来、清浄の真心をもつて、円融無礙不可思議不可称不可説の至徳を成就したまへり。如来の至心をもつて、諸有の一切煩悩悪業邪智の群生海に回施したまへり。

欲生釈

仏願の生起

しかるに無始よりこのかた、一切群生海、無明海に流転し、諸有輪に沈迷し、衆苦輪に繋縛せられて、清浄の信楽なし、法爾として真実の信楽なし。ここをもつて無上の功徳値遇しがたく、最勝の浄信獲得しがたし。一切凡小、一切時のうちに、貪愛の心つねによく善心を汚し、瞋憎の心つねによく法財を焼く。急作急修して頭燃を灸ふがごとくすれども、すべて雑毒雑修の善と名づく。また虚仮諂偽の行と名づく。真実の業と名づけざるなり。この虚仮雑毒の善をもつて無量光明土に生ぜんと欲する、これかならず不可なり。

仏願の本末

なにをもつてのゆゑに、まさしく如来、菩薩の行を行じたまひし時、三業の所修、乃至一念一刹那も、疑蓋雑はることなきによりてなり。この心はすなはち如来の大悲心なるがゆゑに、かならず報土の正定の因となる。如来、苦悩の群生海を悲憐して、無礙広大の浄信をもつて諸有海に回施したまへり。