【仏教の言葉】お彼岸は故人を偲びつつ人生の意味を見定めるご縁

お彼岸に故人様を偲びつつ大切にしたいこと

三月と九月に訪れるお彼岸は昼と夜の長さが同じ時期でありますので、太陽が真西に沈む時期です。

ここからお彼岸の由来を考えることができるでしょう。

沈んでゆく太陽の方に「私たちが生まれさせていただく西方極楽浄土があるんだ!」と思いとらせていただくのがお彼岸の習わしです。

しかし、時代の変化とともにお彼岸の習わしも先祖供養へと変化してきました。

西方極楽浄土という「彼岸を想う」ことは「先祖を想う」ことだと捉える方が多かったからかも知れません。

実際に、お彼岸のご縁でお参りさせていただく際、故人さまの生まれられた彼岸として考えられている方が非常に多いです。

生前のご先祖さまを偲びつつ、彼岸を想うのは尊いことですよね。

ご先祖さまへの感謝の気持ちも決して忘れてはなりません。

しかし、最も大切なことは今を生きている「私たち」が彼岸を思わせていただくことです。

特に浄土真宗ではそのことが明確なので、ここでは浄土真宗のお彼岸について味わってまいります。

お彼岸だからこそ浄土の救いを感じたい

浄土真宗本願寺派では、お彼岸について次のように示されております。

「拝読浄土真宗のみ教え」より

お彼岸

 彼岸とは、念仏の教えをいただいたものが、いのち終えて生まれていくさとりの世界。仏となった懐かしい方々がおられる、阿弥陀如来の西方浄土のことである。

 善導大師はお示しになる。

西の岸の上に人ありて喚ばひていはく
 なんぢ一心正念にしてただちに来れ
 われよくなんぢを護らん

 阿弥陀如来は、「必ず救う、われにまかせよ」と、西に岸よりよびかけておられる。如来のよび声は、南無阿弥陀仏の名号となって、今この私に届いている。

 如来に抱かれ、先に浄土へ生まれた方々に導かれて、彼岸へと続くただ一つの道、念仏の道を歩むのである。

阿弥陀さまに願われた私たちの命は「必ず浄土へ生まれ、仏になる命」です。

人生、誰もがつまづく事や恥をかく事があります。

しかし、そんな私たちの命の行方に意味を見出してくださった方が阿弥陀さまです。

人生、色々なことがあるけど、お前に命の行方は私が引き受けた!

そのような願いとはたらきが、今、私たちに届いております。

だから、私たちの口から南無阿弥陀仏が溢れでてきます。

彼岸を通して、私を彼岸へ導いてくださる願いの尊さを皆様と共に共有したいものです。

お彼岸もお盆と同様に大切です

一般的にお盆は仕事が休みになってもお彼岸は休みになりませんので、お彼岸は特別な日だと捉えられることが少ないです。

「今日はお彼岸で親族が集まるので仕事休ませてください!」

職場でそう言うと、呆れられるか怒られるでしょう。

きっと、お盆のようにお彼岸が重要視される事は今後もないでしょう。

しかし、お盆は故人を偲びつつ阿弥陀さまのお救いを讃えるご縁であり、お彼岸はお浄土を想いつつ阿弥陀さまのお救いを讃えるご縁であります。

どちらのご縁も「私たちを見捨てない仏様を讃える大切なご縁」です。

せめて隙間時間に家族でお仏壇に向かうようにしたいものです。

「暑さ寒さも彼岸まで」。だからこそ勤めやすい。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉は、皆様もどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

僕自身、小さな頃から近所のおっちゃんおばちゃんからこの言葉をよく聞いていました。

本当に、この時期に快適になるのでいつも驚かされております。

先人のお言葉は大切にしないといけませんね。

お彼岸はちょうど過ごしやすい時期なので、快適にお墓やお仏壇を通して、私たちが生まれさせていただくお浄土を想わせていただきましょう。