【7つの習慣】「小手先のテクニック」に捉われない「正しい生き方」

キング・オブ・自己啓発本

「世界で最も出版されている自己啓発本といえば??」

おそらく、『7つの習慣』と迷わずに答えられる方が多いでしょう。

スティーブン・R・コヴィー博士によって著された『7つの習慣』は多くの方に親しまれ、日々の生活の習慣として活かしておられる方も非常に多いと思います。

『7つの習慣』には多くの方の言葉も引用されております。僕はスタンドFMで『7つの習慣』に引用された言葉を味わっているので、このブログでも味わってみたいと思います。

「正しい生き方?」「真の成功?」

今回のブログで味わう『7つの習慣』に掲載された言葉はこちらです。

今回の言葉

「正しい生き方なくして真の成功はありえない」

デイビッド・スター・ジョーダン

みなさまはこの言葉からどのような印象を受けたでしょうか。

 

正しい生き方」と「真の成功」はそれぞれの方の人生経験によって答えが違ってくるように思われます。

一般的には、人に優しく、嘘をつかず、真っ当な生き方を「正しい生き方」であり、その結果、幸せな人生を歩むことを「真の成功」と捉えられる方が多いのではないでしょうか。

しかし、コヴィー博士が『7つの習慣』の最初にこの言葉を引用したのは、この言葉が『7つの習慣』全体を通して重大な言葉だったからでしょう。

【人格主義の大切さ】個性主義にとらわれない生き方をしたい

『7つの習慣』の最初に「個性主義と人格主義」という見出しが出てきます。

この「個性主義」「人格主義」はコヴィー博士が作られた言葉です。

「個性主義」「人格主義」という言葉について『7つの習慣』では以下のように説明されております。

個性主義と人格主義
  • 個性主義

最近の50年間に出版された「成功に関する文献」はどれも表面的なのだ

  • 人格主義

建国から約150年間に書かれた「成功に関する文献」は、誠意、謙虚、誠実、勇気、正義、忍耐、勤勉、質素、節制、黄金律など、人間の内面にある人格的なことを成功の条件に挙げている

また、個性主義について「人を操るテクニック、ひどいときには明らかに騙しのテクニックさえ紹介されていた」と言われており、個性主義よりも人格主義にこそ真の成功が得られることを説明されております。

しかし、個性主義ばかりに目を向けてしまうのが私たちの生き方ではないでしょうか。

自分自身の人格を磨くよりも、テクニックばかりにとらわれても幸せになることはできません。人への感謝も湧いてこないように思われます。

個性主義にとらわれずに人格主義を大切にした生き方をしたいものです。

テクニックだけでは人間関係の信頼は形成されない

人生が良くなるテクニックを身に付けたい」と思うのは人間の欲求です。しかし、テクニックばかり優れている人と信頼関係は築けるでしょうか。

本当の信頼関係は、テクニックではなく人間性ですよね。

人間性が良くなければ長期的な付き合いはできませんし、スグにメッキは剥がれ落ちます。

世渡り上手な方も大勢おられますが、『7つの習慣』で言われている「誠意、謙虚、誠実、勇気、正義、忍耐、勤勉、質素、節制」がなければ表面的な付き合いしかできないでしょう。

人と信頼関係を結ぶためには個性主義ではなく人格主義が大切なことは明白ですよね。

人格主義の身に付け方

人格主義が大切でも、意識するだけでは人は変わりません。行動が伴うことによって習慣になり、変わることができます。

じゃあどうすれば変わるのか?

その答えが『7つの習慣』です。

という訳で、このブログでは『7つの週間』についてもじっくりじっくり読み進めていきたいと思います。

音声データはこちらです