身近な方の死から学ぶこと。孤独な人生の支えに気づくのもお葬式

お坊さんとして活動していたら、色々な方々の命のご縁に合わせていただきます。

そのような時に、みなさまのお気持ちを聞かせていただきます。

悲しい気持ちや、あるいは安心した気持ちを聞くことがあります。

そのどちらにも属さないある言葉があるんです。

それは「幸せだって気付きました」という言葉です。

愛する方が亡くなった時に、

「私はあの人がおって本当は幸せやったと気付きました」

という言葉です。

その言葉には、気づけた嬉しさ、そして悲しさもあります。

人の存在が私を幸せにしてくれている。

いつもそう気付かされます。

しかし、命を終えたらそれがなくなってしまう。

だからこそ、生きている今を大切に。

そう知らされるのもお葬式の尊さです。