【仏教コーチング】仏教の教えが根本にあるコーチングで良い人生を

 

生きている限り悩みや苦しみが尽きることはありません。金銭などの物質的要素での悩みや気持ちを中心とした精神的要素もありますが、全く悩みがない方はほとんどおられないでしょう。そのような尽きることのない悩みを解決できるのが仏教コーチングです。

仏教コーチングを一言で表すと「仏教の教えが根本にあるコーチング技法」のことであります。

コーチングの定義について、国際コーチ連盟では「コーチングとは、思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー関係を築くことである」と定義されております。そして筆者が活動している「銀座コーチングスクール」では、「パフォーマンス向上のために、対話によって対象者を勇気づけ“気づき”を引き出し、“自発的行動”を促すコミュニケーション・スキル」と定義されております。

これらの定義をから、コーチングとは「クライアントの人生の成功のために、コーチがパートナー関係であるクライアントの可能l性を引き出すコミュニケーション」と捉えられます。より良い人生を送るためにコーチングが必要なことは理解できますが、仏教の要素を取り入れることによって人生は更に充実します。

仏教の教えではこの世の真理を教えてくれます。コーチングは「より良い人生」を叶えるコミュニケーションですが、仏教は「命を終えることは避けられない」という真理を教えてくれます。それは決して悲しく暗いことではありません。命を終えることは避けられないからこそ、今を大切に生きる大切さを知らせてくれます。

そして、コーチングの矛盾点を教えてくれます。「より良い人生」を叶えることによって幸せになれるのでしょうか。命を終えたら全てを失ってしまいます。だからこそ、死を見つめることが大切です。仏教コーチングを通して、コーチングだけでは叶わない本当の意味でのより良い人生を叶えましょう。