【アドラーの言葉】言い訳したくなる時こそ、私の行動を見直してみる

アドラーは私たちの人生が良くなる言葉を多く残されております。

今回の言葉は、厳しく感じることもありますが、今までの自分の行動を見直させてくれる言葉でもあります。

今回のアドラーの言葉

「無意識にやってしまった」

「理性が欲望に負けて」

とは、自分や相手を欺くための言い訳でしかない

みなさまは、今回の言葉からどのような気持ちを感じられるでしょうか?

「無意識にやってしまった」「理性が欲望に負けて」

皆様は上に挙げた言葉を使ったことはあるでしょうか。禁煙禁酒に失敗した時や、ダイエット中についつい食べてしまった時に使ってしまう言葉だと思います。

この言葉を聞いた時に「そうだよね〜、そういうこともあるよね〜」と気持ちに寄り添うこともありますが、もしもアドラーの言ったらどのような反応をされるでしょうか。

アドラーなら、

「それは言い訳じゃないの?行動そのものに目的がない?」と返されるかも知れません。

厳しい感じもありますが、アドラーの「全体論」という考えを受け取れば納得できるかも知れません。

【全体論】「何を考えているか?」ではなく「何をしているか?」

アドラーの基本的な考えとして「全体論」というものがあります。

全体論は「個人を心と身体のような諸要素の集合体ではなく、分割できない個人としてとらえる」ことです。

「心と身体」「意識と無意識」と分割して考えることがありますが、それらは分割できるものではなく、目的に向かっていると考えます。

ですので、今回のアドラーの言葉にある「無意識にやってしまった」「理性が欲望に負けて」という言い訳を使用して禁煙禁酒やダイエットに失敗したなら、元々、「タバコを吸う」「酒を飲む」「甘いものを食べる」という目的があったから行動したのだととらえます。

そう聞くと、「言い訳できない!」と非常に厳しく感じられるかも知れません。

「言い訳できない」ではなく「私の行動」を大切に生きる

このアドラー心理学の「全体論」と「目的論(あらゆる行動には目的がある)」という基本前提を学んで、「人生は言い訳できない」ということを知らされました。

たとえば、目の前の大きな壁に挑戦する時に、どのような理由があるにしろ挑戦しなければ言い訳です。

「本当は挑戦したかったけど・・・」

という言葉を私自身も多く使ってきました。それを正しいことだとも思っていました。

しかし、どのような思考にあっても「挑戦しない(行動しない)」という目的を選んだのは私です。

そのように考えると、アドラー心理学は非常に厳しい心理学のように思われるかも知れません。しかし、一歩前に進む勇気を与えてくれる心理学とも捉えることができます。

言い訳したくなる時や、逃げたくなる時こそ、「全体論」「目的論」という考えを大切にしたいものです。