人生を変えるコーチングという選択肢

コーチングはあなたの人生を変えます

みなさまは「コーチング」という言葉を聞いたことはありますか?

聞いたことがあっても、その内容はまだ日本ではあまり知られていないようです。

実は、コーチングという言葉は1990年頃からアメリカの方で流行りだしました。

しかし、日本でコーチっていう言葉が出たのは2000年頃からだと言われております。

まだ20年ちょいなのであまり流行ってはいないですが、少しずつ認知されてきているようです。

コーチングを体験したらわかることですが、

コーチングによって私たちの人生は間違いなく良くなります

だから、一人でも多くの方にコーチングを知っていただければと思います。

コーチングによって人生を前向きに歩むための目標が明確になります

コーチングは超前向きに歩むために必要です

生きていると、仕事の悩みや人間関係の悩みは尽きることがありません。

この悩みを解決することによって、人生を前向きに歩むことができます。

しかし、コーチングで大切にしていることは悩み解決ではありません。

悩みの解決はマイナスからゼロになることです。

しかしコーチングは、プラスに向かうことを目指します。

つまり、あなたのより良い人生を目指すのがコーチングです。

そのために最も大切なことは目標設定です。

コーチングにおける目標設定

コーチングにおける目標設定は私のありたい姿を明確にすることです。

決してお金を稼ぎたいといった「なりたい姿」ではありません。

なりたい姿は実際に達成した「状況」ですが、ありたい姿は「心の状況」も含みます。

「私はこのような自分でありたい」

「周りの方にこう思われる自分でありたい」

「このような気持ちでありたい」

というありたい姿を明確にすることで、ウキウキワクワクした気持ちで色々な活動に踏み出すことができます。

コーチとクライアントの関係

コーチという言葉にどのようなイメージがあるでしょうか。

僕は小学校の頃にサッカーをしていましたので、サッカーを教えてくれる方のことをコーチと呼んでました。

一応、指導者との関係なので当たり前のように上下関係でした。

しかし、コーチングでのコーチとクライアントの関係は上下関係ではありません。

並列関係でもありません。

協同関係です。同じ目標に向かって一緒に歩んでいく関係です。

だから、いつでもお気軽に相談できますし、悩みをお話することもできます。

クライアントにとっての最高のパートナーとなれるように、コーチとしても成長できればと思います。